• Yoshiko Harimaya

ひじきのバーニャソース 低カロリーで美容効果満点!

最終更新: 3月27日



知ってましたか? 海藻は美と健康に必要な栄養素がタップりで、 しかも超がつくほど低カロリーで魅力的な食材なんですよ。


その中でもひときわ高い美容効果が期待できるのがひじき です。




【ひじきの栄養素】


★食物繊維 ⇒ お腹スッキリ&コレステロールの代謝促進効果 ★鉄分    ⇒ 貧血の改善効果 ★カルシウム⇒ 歯や骨を丈夫にする効果 ★ヨウ素   ⇒ 新陳代謝の活性化 ★タンニン  ⇒ 紫外線からお肌を守る効果



中でも注目なのがカルシウムとヨウ素 。 ひじきのカルシウム含有量は食物の中でナンバーワン!! 牛乳の10倍以上も含まれているそうですので、 歯や骨を丈夫にするためにも積極的に召し上がってみてくださいね。


そしてヨウ素は、余分な体脂肪の燃焼を促してくれる働きがあるそう。 美味しく食べるだけで脂肪を燃やしてくれるなんて魅力的な食材ですね。 またひじきに含まれる食物繊維は「水溶性」なので、 水分を吸うと胃の中で膨らんでスグに満腹感も得られます。


こんな美容効果抜群のひじきですが、 お店に買いにいくといろんな種類があるので、どれがいいか迷ってしまいますよね。




【ひじきの種類】


  • 芽ひじき ~ ひじきの葉の部分。 その他の商品名:「米ひじき」、「姫ひじき」

  • 長ひじき ~ ひじきの茎の部分。その他の商品名:「茎ひじき」

  • 寒ひじき ~ 冬に若いひじきを刈り取って加工した物。その他の商品名:「早どれひじき」


ちなみに一本のひじきの原藻から採れる割合は、 芽ひじき:長ひじき=4:1 長ひじきの方が貴重品ということですね。


マクロビオティックの陰陽の世界では、 芽ひじきや寒ひじきは陰性なので初夏向き、長ひじきは陽性なので秋冬向きとなりますので、季節に合わせて食べることをオススメしています。


今は秋ですので、長ひじきをたっぷり使ったバーニャソースの作り方をご紹介いたします。




ひじきのバーニャソース(4人分)


材 料


マッシュルーム  … 4個(50g)⇒ 5㎜位の厚さにスライス 舞茸 …50g  ⇒ 1㎝角位の粗みじん切り 玉ねぎ… 100g⇒ 薄い回し切り 長ひじき…3g ⇒ 水で戻し、1㎝角位の粗みじん切り ニンニク…1/2片⇒みじん切り


オリーブオイル 大さじ2 / 醤油 大さじ2 / 自然海塩 一つまみ バルサミコ酢 小さじ1/2


★オーガニック食材のお買い物はこちらから→ e-Macrobiotic shop




作り方

  1. マッシュルーム は 5㎜位の厚さにスライス

  2. 舞茸は 1㎝角位の粗みじん切り

  3. 玉ねぎは 薄い回し切り

  4. 長ひじきは水で戻し、1㎝角位の粗みじん切り

  5. ニンニクはみじん切り

  6. フライパンに、ニンニクとオリーブオイル(分量外)を入れ、弱火にかける

  7. ニンニクの香りがしてきたら、玉ねぎと一つまみの塩を加え玉ねぎがしんなりするまで炒める

  8. きのことひじきを加え更に中火で炒める

  9. オリーブオイルと醤油を加え、滑らかになるまでフードプロセッサーにかける



とっても簡単で美味しいので、 スチームした旬の野菜と一緒にカロリーを気にせずお腹いっぱい召し上がってくださいね。



最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございます。それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。


3回の閲覧0件のコメント