top of page

ポッコリお腹を解消してキレイになれる魔法のお茶



おはようございます♪ オーガニック・マクロビ料理教室G-veggieのはりまや佳子です。 みなさん今日もお元気ですか?


最近、ポッコリお腹が気になる方、もしかして女性の天敵とも言える「冷え性」と、それに伴う不快な症状「むくみ」に悩んでいませんか?


これらの症状は、体内の水の循環を司る臓器「腎臓」の機能が低下し、体の中に余分な水分をため込んでしまったことが原因ですので、ダイエットで体重を落としただけではなかなか解消できません。


体内の水分は本来、細胞の内側にあるのが正常な状態なのですが、腎臓が弱ると水分代謝が悪くなり、細胞と細胞の間に水分がたまってしまうことから「むくみ」が生じてしまうのです。このような症状を東洋医学では「水毒(すいどく)」と呼んでいます。



水毒症状チェックリスト

  1. フェイスラインが緩んで顔が大きく感じる

  2. お腹周りが以前よりポッコリしている

  3. 足首がふとくなった

  4. やたらと喉が渇く

  5. 寝ても疲れがとれない

  6. 冷え性が悪化した

上記の症状がある方は、【水毒】の可能性が大です!


水毒を解消すれば体内の老廃物がきちんと排出されるので、むくみが解消されるだけではなく、「気の巡り」もよくなることから免疫力がアップし、同時に血流もよくなるので、肌に透明感やハリ、ツヤもよみがえってきますよ。


そこで今日は水毒症状をカンタンに解消する、とってもパワフルなお茶のレシピをご紹介いたしますね。


小豆茶


材料(2人前)

小豆  50cc / 上質の水 3~4カップ / 昆布  3cm角1片 / 生姜の絞り汁  少々




作り方

  1. 小豆を軽く水で洗う

  2. 土鍋に小豆・水昆布を入れて中火にかける

  3. 沸騰したら弱火にして水が半分になるくらいまで煮詰める

  4. 煮汁をカップに入れ、生姜の絞り汁を加える

  5. 温かいうちに飲む






自分でつくる時間のない人は手軽な市販品もあります。














粉末のタイプはお湯または、温めた豆乳に混ぜてお飲みください。








オーガニックお手当を本格的に学びたい方は…




水の臓器「腎臓」を養う小豆の力

マクロビオティックの陰陽五行では小豆は水のエネルギーに分類される冬におススメの豆で、腎臓・膀胱・生殖器を養う力のある食べ物といわれています。 玄米と一緒に炊いて「あずきご飯」にしたり、南瓜と炊き合わせて「あずき南瓜」を作ったりと使い勝手のよいお豆ですね。



その小豆を煎じた「小豆茶」には優れた利尿作用があり、腎臓の機能を高め、余分な水分とナトリウムを体外へ排出し、「むくみ」を一気に解消してくれる力があるのです。



【小豆茶の栄養と効能】

  1. カリウム ⇒ 体内のナトリウムを体外へ尿として排出。血液の量を適正に保ち、血圧の上昇を防ぐ。

  2. 鉄分 ⇒ 貧血を予防し、体内の細胞に酸素を届け、あらゆる組織、内臓の活性化を促す。

  3. ビタミンB1 ⇒ 糖類の代謝を促し、神経機能を正常に保つ。

  4. 食物繊維 ⇒ 塩類、脂肪などを吸着して便となり、体外に排出する

  5. サポニン ⇒ 中性脂肪値を下げると同時に、利尿を促し、余分な水分を体外に排出する

小豆茶と上手におつきあいする方法


冷え性・むくみ・ダイエットにも効果的な「小豆茶」は、ノンカフェインでカロリーゼロ。 


オーガニックの小豆