• Yoshiko Harimaya

ヴィーガン・スイーツって、どんな食材を使っているの?

最終更新: 4月27日




ヘルシーなヴィーガン・スイーツ


ヘルシーなスイーツを食べたい時におススメなのが、白い砂糖・卵・乳製品を含まない「ギルトフリーのヴィーガン・スイーツ。


植物性の食材を使っているので、甘いのにカロリー控えめなところがダイエット中の人にも人気です。 また卵や乳製品にアレルギーがある人も安心して食べられますね。 


巷で話題のギルトフリーなヴィーガンスイーツですが、実際にどんな食材を使っているのかというと…




ギルトフリーなヴィーガン・スイーツの材料


★白い砂糖の代わりの食材


  • 米麹甘酒     ⇒お米を米麹で発酵させた甘味料

  • 米飴・麦芽飴   ⇒穀物のデンプンを糖化させて作った甘味料

  • メープルシロップ ⇒かえでの木の樹液を煮詰めた甘味料

  • 未精製の甜菜糖 ⇒砂糖大根から作った甘味料

  • アガベシロップ  ⇒サボテンの樹液を煮詰めた甘味料


★乳製品の代わりの食材


  • 豆乳   ⇒ 大豆の絞り汁

  • 米乳   ⇒ 米の絞り汁

  • アーモンドミルク ⇒ アーモンドの絞り汁

  • ココナッツミルク・クリーム  ⇒ココナッツの絞り汁



ギルトフリーなヴィーガンスイーツで一番難しいのが「卵の代わり」。 スイーツに使う卵は卵黄と卵白で大きく役割が違っています。



卵の持つ役割


★卵黄


《リッチな味わい》 動物性たんぱく質特有の、コクや旨味が深みのある味をつくります。


《ツヤをだす》  生地の表面に塗ると美味しそうなツヤがでる


《しっとり仕上げる》 油分と水分を乳化させる効果で、生地がなめらかになり安定します。



★卵白


《ふんわりさせる》泡立てることで気泡をたくさん含み、生地をフワフワにする


ギルトフリーなビーガン・スイーツのレシピ作りで一番難しいのが、「フワッ」とした軽い食感を出すこと。 本物の卵白のような食感を出す食材はなかなかないのですが、卵黄の部分は植物性の食材におきかえても美味しくできます。




卵黄の代わりの食材


《リッチな味わい》 くるみ、アーモンド、カシューナッツなどのナッツ類、ゴマ、かぼちゃの種などの種子類。


《ツヤをだす》  米麹甘酒、無糖のフルーツジャム


《しっとり仕上げる》 豆腐・山芋・完熟バナナ



ギルトフリーなヴィーガン・スイーツは、白砂糖を使っている市販のものに比べるとインパクトのある強烈な甘さはありませんが、そのかわりに素朴な味わいとやさしい甘さが魅力。 最近はカフェやネット通販などでも気軽に購入することができるようになりました。



こだわりの手作り商品を作っているところは、まだまだ数が少ないので、ヘルシースイーツ生活を送るためには自分で作れるようにしたいものですね。




そんな方におススメなのがG-veggieのスイーツ講座


オーガニック和菓子講座

私たち日本人が愛し、伝統を守って作られ続けてきた和菓子をご家庭でカンタンに作ってみませんか?


「和菓子作りは職人技、自分で作るのは無理!」と思っている方、基本を学んでいただければどなたでもカンタンに作る事が出来ます。

​日本の移りゆく季節を感じながら、旬のオーガニック食材で和菓子作りを楽しみましょう!

【こんな方にオススメ】

☆甘いものが好きだけど、カロリーや脂肪が気になる。 ☆スーパーやコンビニで売っている和菓子の添加物が気になる。 ☆茶道を習っているので、和菓子も作れるようになりたい。 ☆コーヒーや紅茶よりも抹茶が好き。 ☆自分でヘルシーなスイーツが作れるようになりたい。 ​☆子供にヘルシーな和菓子を食べさせたい。


【5月のメニュー】

★柏餅

端午の節句にちなんで、柏餅を作ります。白砂糖を使わずに、簡単な方法でこし餡を作り、もち生地で餡を包みます


★寿甘(すあま)

昔、和菓子屋でひときわ目についたピンクすあま。懐かしい和菓子をシュガーフリーで作ります。




開催日:

2021年05月05日(水祝)13:00-15:00

2021年05月06日(木)13:00-15:00

受講料:6,600円(税込・お土産付き)

講師:G-veggie和菓子講師 南澤 晶



開催場所:オーガニック料理教室G-veggie 蒲田校

     東京都大田区東蒲田2-5-11

(京急蒲田駅徒歩6分/JR・東急蒲田駅徒歩12分)


【関連Blog】日本のギルトフリー・スイーツはいかが?

オーガニック・スイーツの魅力は、こだわりの食材で作っているので、美味しく食べて健康で体の中からキレイになれること!


一度きちんと習っておけば、あとは簡単にご自宅でつくることができますので、ぜひ、一度ご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。


みなさまのご参加をスタッフ一同、心からおまちしています♪



今日も最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。


それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。


はりまや佳子


2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在15年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。 2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。地球にやさしいオーガニックライフを提唱している。



【美味しく食べて、身体を中からキレイになれる】

オーガニック・マクロビ料理教室G-veggie

代表 はりまや佳子

〒144-0031 東京都大田区東蒲田2-5-11

Tel : 03-6715-8772 / fax : 03-6733-8760

HP :https://g-veggie.com

Mail:info@g-veggie.com


オーガニック料理教室基礎コース

2時間の講義と2時間の調理実習、1年間の通学またはZOOM受講コースです


121回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示