top of page

アンチエイジングに効果あり! キャベツの7つの美容効果 

更新日:2021年4月12日




キャベツはアブラナ科アブラナ属の多年草で、その祖先は薬用効果が有ると言われる「ケール」!!


キャベツには利尿、解毒作用があり「冷え」や「むくみの解消」に役立ち、食物繊維も豊富に含まれているので、腸の調子を整えてくれる効果もあります。 また、ビタミンUという珍しい成分を含んでいて、この成分が「キャベジン」と呼ばれ、胃腸薬の名前に使われるほど。 夏に冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎで、疲れた胃をやさしく労ってくれる素晴らしい野菜です。


【キャベツの美容効果】

  1. ビタミンC ⇒  肌荒れ改善・アンチエイジング・ 疲労回復・ 免疫力を高める・ ストレスに対抗

  2. ビタミンU ⇒ ・胃潰瘍・十二指腸潰瘍を防ぐ・二日酔い予防・がんなどを予防する・脂肪肝を予防する

  3. ビタミンK ⇒ 傷口の凝固作用・骨粗鬆症の予防効果。

  4.  カロテン ⇒ 粘膜を丈夫にし、がんの予防や免疫力を高める働き

  5.  カリウム ⇒ 利尿作用・むくみの防止

  6.  葉酸 ⇒ 貧血防止

  7. イソチオシアナート ⇒ がん抑制効果・発がん物質の解毒を促進


オーガニック料理ではキャベツのような丸い野菜は、陰と陽のバランスがとてもよい中庸の野菜と定義され、食べれば食べるほどの心と体もバランスが整うといわれています。


丸という形はこの世の中で一番バランスの良い形!



人間は食べたもののようになる


と言うように、丸い野菜を茹でたり蒸したり、スープにして食べると「丸くて、柔らかくて、温かい気持ち」になれますよ♪







閲覧数:253回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レシピ記事

​スイーツ

bottom of page