top of page

腎臓ケアのおススメ料理 冬の不快な症状を解消しましょう


こんにちは、オーガニック・マクロビ料理教室G-veggie代表のはりまや佳子です。

一年でいちばん寒さの厳しい時期で、春の便りが待ち遠しい今日この頃ですが、いかがお過ごしですか?


この時期になると特に気になるのが「冷え症」。

女性に最も多い悩みで、成人女性の8割以上は「冷え症」だそうです。

「冷えは万病の元」と昔から言われているように、下記のようなさまざまな不調を生み出します。


冬の不快な症状

  1. (全身)体力・免疫力の低下、回復力の低下、疲労、冷え性

  2. (頭部)めまい、不眠、物忘れ

  3. (耳)耳鳴り、聴力の低下

  4. (髪)脱毛・白髪、ツヤがない

  5. (骨)腰痛、足腰の弱り、骨粗しょう症

  6. (歯)歯の弱り、歯が抜ける

  7. (尿)尿量が多い・少ない、夜間の頻尿、尿漏れ、排尿困難


これらの症状の原因となっている臓器は「腎臓」!!

腰のあたりにある「腎臓」が寒さによって機能が衰え、身体が冷えてしまったせいで様々な不快な症状があらわれているのです。



腎臓の位置

  1. 身体の背面にあります

  2. 脊柱(せきちゅう)=背骨を挟んで左右両サイドに左腎(左側の腎臓)と右腎(右側の腎臓)があります

  3. 左腎は腰椎(ようつい)の一番上(第一腰椎)や肋骨の一番下(第12肋骨)とほぼ同じ高さにあり、右腎は真上に肝臓があることで少し左腎よりも下がったところにあります。



冷え症は生殖器の弱りも原因のひとつです

マクロビオティックの陰陽五行説では、子宮・卵巣・乳房といった生殖器も、腎臓と同じグループに属しますので、冷え症になると下記のような生殖器のトラブルも発生する可能性が高くなります。


【冷え性による生殖器のトラブル】

  1. 生理痛や生理不順

  2. 月経前症候群(PMS)

  3. 不妊症

  4. 更年期障害




腎臓の養生法


腎臓は「生命の源」とも言われる大切な臓器ですので、積極的に腎臓をケアすることが、冬の健康法で一番大切なこと。 養生法は下記の5つです


【腎臓を元気にする5つの方法】

  1. 身体を外から温める

  2. 身体を食事で温める

  3. 下半身に筋肉をつける

  4. ストレスを溜めない

  5. 規則正しい生活リズムをつくる


それではここからは、ひとつずつ説明させていただきますね。


身体を外から温める

腎臓はとてもシンプルな臓器で温めれば温めるほどに健康になりますので、オーガニックコットンの腹巻をしてまずは直接温めてあげでください。





筋肉量が少なく、複雑な臓器の影響で冷えやすい女性の身体は、男性に比べるととっても冷えやすいといわれています。


冷え症は放っておくと免疫力や体力を奪い、風邪やウイルス性の感染症にかかりやすくなります。




冷え解消のポイントは、手足だけでなく内臓から温めること!! 


バランスの良い食事や運動、快適な睡眠などが効果的ですが、忙しい中でそのすべてを実行するのはなかなか難しいですね。


そんなあなたにおススメの「冷え性撃退グッズ」がこのオーガニックコットンに腹巻きです。


つけるだけでとっても気持ちいいと大評判!! 

時間も手間も一切かからない、究極の楽チン解決法を試してみませんか?


腹巻をしてもまだ寒い方は、腎臓の上に直接使い捨てカイロを貼るといいですよ。(ただし低温やけどにはくれぐれもお気をつけくださいね)


また、ふくらはぎも同時に温めると効果が倍増しますので、冷え性にお悩みの方はレッグウォーマーがおススメです♪



身体を内側から温める

腎臓を元気にするためには、

体を冷やす強い力をもつ陰性の野菜、

トマト、

きゅうり、

アボカド、

なす、

ズッキーニなどの夏野菜を控え、

身体を温める力を持つ陽性の野菜

大根、

レンコン、

にんじん、

山芋、

ごぼうなどの根菜をたくさん食べてください。


おススメの料理方法は、弱火でじっくり煮込んだもの。

フーフー言いながら食べることで、心も体も芯から温まります。


★根菜たっぷりの豆乳クリームシチュー


それから根本的に冷え症を解消するために、しばらく小豆玄米ごはんを召し上がってみてください。

残りごはんはおにぎりにしておき、食べる時に焼きおにぎりにすれば、さらに身体が芯からあたたまり、パワーアップできますよ♪



また、コーヒーや紅茶など