top of page
  • 執筆者の写真g-veggie

ココナッツオイルの美容効果とは?使い方や注意点を紹介

更新日:2022年5月15日



数ある植物系オイルの中でも、美容効果が高いといわれるもののひとつがココナッツオイルです。

通常、オイルと聞くと美容やダイエットの敵のような印象を持つ方も多いかもしれません。しかし近年は、オリーブオイルをはじめ植物系オイルのさまざまな効能が、研究や実験で明らかになってきました。


日本ではあまりなじみがない方も多いココナッツオイルもそのひとつ。さて、ココナッツオイルからはどんな美容効果が期待できるのでしょうか。

ココナッツオイルの使い方や効果について紹介していきましょう。




ココナッツオイルとは?


まずは、ココナッツオイルとはどのようなものなのか説明します。


ココナッツオイルは、熱帯地方で自生および栽培されているココナッツの実から製造された油を指します。

人類とココナッツの関係は歴史が深く、ココナッツの実はその熟す過程でさまざまに利用されてきました。生食だけではなくミルクに加工されるなど、よく知られた利用法も少なくありません。


ココナッツオイルは、ココナッツの実の胚乳を乾燥させて圧縮し、搾油したもの。

実は日本でもココナッツオイルの消費は年間数万トンとされていますが、その多くはコーヒーフレッシュ等の加工品に使用されてきました。

近年、ココナッツオイルの効能が注目されて以降、オイルとして販売される傾向が高まったのです。


そのココナッツオイルの種類について、まずは見て見ましょう。

一口にココナッツオイルといっても、製法は大別して2つあります。



ヴァージンココナッツオイル


まずひとつ目が、ヴァージンオイルを作る製法です。

この製法は、新鮮なココナッツの果実を生のまま、あるいは低温で圧搾し抽出します。


抽出した液体を遠心分離にかけて精製するタイプは穏やかな香りが特徴、発酵分離によって作られるタイプは風味が濃厚です。


ヴァージンココナッツオイルを作るこの製法では、溶剤等は使用しません。そのためオイルそのものにナチュラルな風味があり、高い栄養価を有しているのが特徴です。


ちなみに、販売されているヴァージンココナッツオイルには「エキストラヴァージン」と表記されているものもあります。常オリーブオイルに使用されるこの言葉は、一番搾りを指すものです。しかしココナッツオイルに関しては明確な定義はないため、販売する企業の判断による命名となっています。


いずれにしても、上質なココナッツオイルを入手しその効果を期待する場合には、ヴァージンココナッツオイル、およびエキスト・ラヴァージンココナッツオイルを選択するようにしましょう。あるいは、ココナッツオイルの製法を表す「低温圧搾法」と明記されている商品ならば確実です。



RBDココナッツオイル


ココナッツオイルのもうひとつの製法が、RBDココナッツオイルです。

RBDココナッツオイルは、乾燥させたココナッツの実の成分を、溶剤で抽出する方法で生産されます。

精製(Refined)、漂白(Bleached)、脱臭(Deodorized)と言った工程で作られるため、その頭文字でRBDココナッツオイルと呼ばれます。


REDココナッツオイルはこうした製造過程を経るため、ココナッツオイル特有の香りや味わいは損なわれ、栄養に関しても乏しくなる傾向があります。

非常に安価であること、またココナッツ特有の香りが苦手の人に向いているというメリットはあるものの、ココナッツオイルが含む美点を摂取して効果を期待したい人には向かないココナッツオイルといえるでしょう。




ココナッツオイルの効果とは


ここからが肝心!


それではココナッツオイルの効果とはどのようなものがあるのでしょうか。

ココナッツオイルにはよく、MCTオイルの効果があるといわれています。

MCTオイルとはなにかも含めて、ココナッツオイルの効果をお伝えいたします。



美肌効果


ココナッツオイルに含まれる脂肪酸のうち、60%が中鎖脂肪酸と呼ばれるMCTオイルで占められています。MCTオイルとは、肝臓で分解される際にケトン体という物質を作ることで知られています。


このケトン体、アンチエイジング酵素を活性化する働きを有しているため、しわやシミなどの肌のトラブルの予防が期待できるのです。つまりココナッツオイルを摂取することで、美肌につながる可能性が高くなるわけですね。(※1)


またココナッツオイルには、ビタミンEも含まれています。ビタミンEはアンチエイジングのビタミンと呼ばれ、抗酸化作用が強いのがメリット。(※2)

これもまた、美肌のためには不可欠の要素なのです。



ダイエットに貢献


ココナッツオイルに豊富に含まれるMCTオイルは、分子量が少ないため吸収や分解が早く、すぐにエネルギーに還元される性質があります。


このMCTオイル効果によって脂肪酸といえども体内に蓄積しにくくなり、ココナッツオイルを摂取することで太りにくい体質を構築できるわけです。(※3)



免疫力を高める


ココナッツオイルに含まれるMCTオイルの一種に、ラウリン酸と呼ばれるものがあります。

ラウリン酸は母乳にも含まれる成分で、免疫力の向上という効果をもたらします。

ラウリン酸は体内で変化してできるモノラウリンという成分が、強い抗菌や抗ウイルスの作用を持つようになるのがその理由です。(※1)


また、モノラウリンは腸内の善玉菌を増やすため、腸内環境を整える働きもあります。昨今話題の「腸活」の一助にもなるため、便秘を解消するにとどまらず免疫力を高める結果になるのです。(※1)



生活習慣病予防につながる


ココナッツオイルが有するMCTオイル効果によって、コレステロール値や中性脂肪値の抑制が期待できます。(※4)コレステロールや中性脂肪が高くなると、動脈硬化や肥満の要因となることから、これまた嬉しいココナッツオイルの効能といったところですね。(※5)


それだけではありません。

ココナッツオイルに含まれるビタミンEは血流をよくする働きもあり。血液をサラサラにしてくれるのです。(※2)


つまりココナッツオイルを取り入れることで、現代人の業病といえる生活習慣病の予防につながっていくと言うことです。



脳の活性化


ヴァージンココナッツオイルが注目されるようになったのは、認知症の予防に効果ありという研究が発表されたことに端を発しています。


その研究とは、このようなものでした。

脳に送られるエネルギー源は非常に限られており、そのひとつがブドウ糖です。ブドウ糖が脳に到達できなくなる現象が起こると、認知機能が低下するケースが増えてきます。


そこで、ココナッツオイルの出番。


ヴァージンココナッツオイルに含まれるMCTオイルが分解されケトン体を作り出すと、これがエネルギー源として脳に供給され、認知機能を補強してくれることが明らかになったのです。ココナッツオイルの摂取によって脳に十分な栄養が行き渡り、認知症を予防したり症状の改善が期待出来るというわけですね。(※6)

日々のお料理に使う油をココナッツオイルに変えれば、認知症の予防になるかもしれませんね。


また別の研究では、体内エネルギーはブドウ糖とケトン体の併用がより脳の活性化を促進するため、眠気にも強くなると報告されています。

朝から脳を効率的に動かすには、ケトン体を作り出すココナッツオイルがお役立ち、というわけです。(※1)





ココナッツオイルの使い方とは


ココナッツオイルは、まだまだ日常的に使用するというレベルにまで達していないのが実情。その使い方がよくわからないという方も多いかもしれません。


ここではココナッツオイルの使い方について、いくつかのアイデアを紹介いたします。

ココナッツオイルの上手な使い方を会得して、その効能を取り入れてみてください。