top of page

【ヴィーガン料理】超簡単!グルテンフリーのマンゴーパスタ



グルテンフリーのマンゴーパスタ


材 料 (4人分)

コーンペンネ 1袋(250g) 

トマト  1/2個(90g)   

いんげん        4本     

マンゴー  60g   

くるみ      25g     

大葉   8枚   

にんにく      2g     

オリーブオイル 大さじ3 

 小さじ



★オーガニック食材のお買い物はこちらから→ G-veggieマーケット




作り方:

  1. コーンペンネは たっぷりのお湯に塩(分量外)入れ、規定時間より少し長めに茹でる

  2. トマトは1cm角に切る

  3. いんげんは茹でて、1cmの長さに切る

  4. マンゴーは一口大に切っておく

  5. マンゴー・くるみ・大葉・にんにく・オリーブオイル・塩をミキサーにかけペーストをつくる

  6. 茹でたパスタに5入れて和える

  7. 6を皿に盛りトマト、いんげんを飾り出来上がり





オーガニック料理ソムリエが教える 料理を美味しくつくるコツ

  1. 生のマンゴーがない時には冷凍マンゴーでもOKです

  2. 大葉の代わりにバジルを使うとイタリアンっぽく仕上がります

  3. クルミの代わりに松の実を使うと、濃厚な仕上がりになります

  4. グルテンフリーペンネは米粉を使っているものを選ぶと美味しいです。



G-veggieのレッスンで生徒さんにご紹介したグルテンフリーペンネは、有機トウモロコシと米粉でつくったもので、普通のパスタのように時間がたってものびないのが魅力♪ 


今日ご紹介したパスタを作る際には、多めにつくって保存容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、翌日も美味しくいただけます。



アンチエイジングとダイエットにピッタリ!


マンゴーは、トロリとした食感と濃厚な甘さが美味しいトロピカルフルーツ。


「果物の女王」と呼ばれ「チェリモヤ」「マンゴスチン」とともに「世界三大美果」のひとつにも数えられるマンゴーは、芳醇な香りとなめらかな口当たりの甘い果肉が魅力で、女性にも嬉しい美容成分がたっぷり含まれているそうなのです。


マンゴーはビタミン類、特にβ-カロテン・葉酸・ビタミンEが多く含まれています。そのほか食物繊維やミネラルもタップリ♪ その上、しっかりとした甘さがあるにもかかわらず、100gあたり64kcalと意外と低カロリーなので、ダイエット中の方も安心して召し上がることができます。


上質なマンゴーの産地として有名な台湾では、ふわっふわ食感のかき氷の上に、練乳とマンゴーをのせた「マンゴーかき氷」が、夏のスイーツの定番として人気だそうです。

ご家庭で気軽にいただく時には、豆乳と一緒にミキサーにかければ、マンゴースムージーの出来上がり~



でも美味しいからと言って食べ過ぎると、冷え症が悪化し、夏バテや夏風邪を引きやすくなってしまいます。


それでは、マンゴーを体に優しい食べ方をするにはどうしたらいいかというと… 

それはお料理の甘味として利用すること!!


そこで本日はマンゴーをスイーツではなく、パスタソースに変身させたレシピをご紹介いたしました♪


お弁当にもピッタリですので、レパートリーに是非、加えてあげてくださいね~



最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。


それでは今日もお日様のように明るく笑って、お月様のように穏やかな気持ちで楽しい一日をお過ごしくださいね。


 はりまや佳子

オーガニック・マクロビ料理研究家

2006年3月に東京都大田区の自宅にてオーガニック・マクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げる。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。 2015年2月一般社団法人日本オーガニックライフ協会を設立。マクロビオティックの理論をベースにした、オーガニック料理を提唱し、心と身体がキレイになれる料理とライフスタイルの普及につとめている。


著書:


【心と身体がキレイになれる】

オーガニック・マクロビ料理教室G-veggie 

代表 はりまや佳子

〒144-0031 東京都大田区東蒲田2-5-11

Tel : 03-6715-8772 / fax : 03-6733-8760



安心&安全な旬のオーガニック食材を最大限に活かし、食べて心も体も中からキレイになるために、オーガニック・マクロビ料理教室G-veggieでは日本の伝統食「マクロビオティック」に基づいた、季節の料理法や味付けで料理する方法やバランスを上手に取る食べ方や暮らし方をお教えしています。