top of page

食費を削って医療費を払う人、食費をかけて健康になる人



食費を削って医療費を払うか、

食費をかけて健康になるか、あなたはどちらの選択肢を選びますか?


私が代表をつとめるオーガニック・マクロビ料理教室G-veggieでは、食費をかけて健康で美しくなりたい方のために、心と身体をキレイにする食材をご紹介しています。



心と身体がキレイになれる食材
オーガニック野菜
全粒穀物・雑穀
豆・豆製品
海藻
発酵食品
無添加食品
スーパーフード(種子・ナッツを含む)
本物の調味料

これらのプラントベースの食材を、季節にあった料理法と味付けでつくるオーガニック料理と、伝統的な日本の健康法の集大成「マクロビオティックの陰陽五行論」に基づいた、バランス良い食生活やライフスタイルを実践する理論を、1年間のコースで学んでいただいています。




バランスの良い食事って何?


生徒のみなさんはG-veggieに入学する前は、


「体に良い食生活を送りたいと思っていても、

 栄養やカロリーの計算は複雑でよくわからないし、

 細かいことを心配ばかりして、

 食べることがストレスになってしまうのではつまらない。 」


という不安を抱えてG-veggieの無料体験レッスンはじめての簡単オーガニック料理」という1DAYレッスンに参加されました。


健康になるためにはよく、「バランスのよい食生活」が重要と言われますが、複雑な要素を毎日食事を作るたびに考えて料理をつくるのは至難の業!

ならば、シンプルに食べ物を3つにわけて、バランスをとるセンスを磨いてみませんか?


そこで今日は私がG-veggieでお教えしている、食べ物の陰陽について解説させていただきますね。


中庸の食べ物が大切です。


食べ物には

  1. (極)陰性の食べ物(身体を冷やし緩める作用)

  2. 中庸の食べ物(身体と心を整える作用)

  3. (極)陽性の食べ物(身体を暖め引き締める作用)

の3つがあり、オーガニック・マクロビ料理教室G-veggieでは、中庸の食べ物で心と体のバランスを整える方法をお教えしています。


現代人は極陰性極陽性のような、心や体のバランスを崩す食べ物ばかり召し上がっていていることで、病気や体調不良に悩む方がとても多いのが現状です。





医療費を払うか、食費をかけるか


平成27年に厚生労働省が発表した資料によると、日本人が生涯必要とする医療費は平均で2,700万円にもおよびます。

男女別で見ても、男性で2,584万円、女性で2,822万円と2,000万円をこえています。


70代以上から特に医療費が高くなっており、最も高額となっているのは75~84歳あたりです。


また、翌年の平成28年に発表された資料では、国民ひとりあたりの医療費は、大まかに年齢別で見てみると、以下のとおりでした。

0歳~44歳…約15万円(15万円)
45~64歳…約27万円(28万円)
65歳以上…約72万円(74万円)  
()内は平成27年度の金額です。

私は現在57歳なので、年に27万円かかる年代ですが、この1年で私が使った医療費は、毎月通っている歯医者さんの歯のクリーニング代のみ!


毎回の自己負担額が2,000円以下で、保険の合計は6,500円くらい。年間につかっている金額は8万円弱ですので、平均医療費の3割弱で治まっています。





医療費がかからない理由は、食費をかけているから!!

安い食べ物は質が悪く、食品添加物や農薬などの化学物質の含有量の多いため、健康状態が悪くなるのも無理はありません。


You are what you eat.
(人間は食べた物のようになる)

質の良いものをバランスよく食べれば、どなたでも健康になれ、

質の悪いものを無秩序に食べれば、どんな健康体の人でも病気になるものです。


食費を削ることは命を削ること!


医療費よりも食費をかけるという選択をして、バランスよい食生活を実践しませんか?



心と身体のバランスを整える中庸の食べ物


私たち日本人にピッタリのバランスの良い食べ物は、中庸の食べ物!


穀物、温帯原産の野菜、原始野菜(きのこ)、豆類、海藻類、種子・ナッツなど、自然の生命エネルギー溢れるプラントベースの食べ物です。





心と身体のバランスを崩す極陰性・極陽性の食べ物


一方、心と身体のバランスを崩す食べ物は2種類あります。


極陰性の食べ物


食品添加物、農薬、薬、アルコール、精白糖、人工甘味料、コーヒー、紅茶、ハーブ茶、香辛料、